• ホーム
  • ハウスメーカーの特徴や長所を調べよう!

ハウスメーカーの特徴や長所を調べよう!

2020年03月29日
鍵を出している様子

注文住宅を建てる場合は、最初に土地を購入してからハウスメーカーに設計と施工を依頼するという流れになります。日本にはいくつかの大手ハウスメーカーがありますし、地元密着型の中小規模の工務店に依頼する方法もあります。土地を購入して注文住宅を建てる場合は、最初にハウスメーカーを選ぶ作業からスタートします。

一戸建て住宅の外観や基本的な構造は一見するとどれも同じように見えるかもしれませんが、施工するハウスメーカーごとに特徴に違いがあります。例えば、家の構造や内装に使用する建材、キッチンや収納設備などの点で会社ごとに大きく異なります。見た目では分からない部分でも、ハウスメーカーごとに得意・不得意分野があります。木造建築が得意な会社もありますし、鉄筋住宅を売りにしているハウスメーカーも存在します。

費用面についても、ハウスメーカーごとに長所や短所がはっきり分かれています。安価な工法で坪単価が低いことを売りにしている会社もありますし、高価な建材を多く使用した高級住宅を強みとしているメーカーもあります。建材系の子会社で、高性能の断熱材や耐久性・耐火性の高い内装材を得意分野としている会社も存在します。住宅に求めることは人それぞれですが、自分のニーズに合ったタイプの会社を選ぶことが大切です。

ハウスメーカーを選ぶ場合は、まず最初にそれぞれの会社の得意分野や特徴を把握するようにしましょう。住宅の特徴として、省エネ・耐震性・耐火性・断熱性・耐久性・快適性・収納スペース・デザイン・低コスト・内装材の種類や機能、などがあります。各社がどの分野が強みとしているのかということを簡単にまとめておくと、施工会社を選ぶ際に役に立つでしょう。

ハウスメーカーの特徴を知る別の方法として、実際に建築を依頼した人の体験談や口コミ評判をチェックすることもできます。第3者の視点を参考にすれば、会社の宣伝文句だけでは見えにくい長所・短所を知ることができるからです。インターネットの口コミサイトなどにアクセスすれば、利用者の体験談や批評などを調べることができます。

マイホームは生涯で一番高い買い物なので、しっかりとハウスメーカーを選ぶようにしましょう。見た目や坪単価だけで判断しないようにして、会社ごとの得意分野・不得意分野をきちんと把握することが必要です。短所は不得意分野は会社が発信する宣伝文句だけでは見えにくいので、実際に施工を依頼した経験者の意見も参考にすることが大切です。